| main |

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | 2015.10.20 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

THE SNOW GOOSE/CAMEL

author : Zie | 2011.05.15 Sunday
ファイル0014.jpg
1.The Great Marsh
2.Rhayader
3.Rhayader Goes To Town
4.Sanctuary
5.Fritha
6.The Snow Goose
7.Friendship
8.Migration
9.Rhayader Alone
10.Flight Of The Snow Goose
11.Preparation
12.Dunkirk
13.Epitaph
14.Fritha Alone
15.La Princesse Perdue
16.The Great Marsh

イギリスのギタリスト、アンディ・ラティマーを中心としたプログレッシブ・ロックバンド、キャメルの代表作で、1975年の作品です。

この作品はアメリカの小説家ポール・ギャリコの『スノーグース』という短編小説を読んだ、キャメルのベーシスト、ダグ・ファーガソンの発案により、この小説の世界を音楽で表現したもので、全編インストゥルメンタルで曲間の無音の部分も無くして、アルバム全体をひとつの作品として連続させて作られている、キャメルの初期の名作、一大叙情的コンセプトアルバムです。

私がこのアルバムに出会ったのは、いわゆる『プログレッシブ・ロック』と呼ばれるものを片っ端から聴き漁っていた大学生の頃でした。
アルバムがリリースされたのは1975年ですから、発売当時はまだCDは無く、LPでA面B面と分かれておりましたが、このアルバムは最初から最後まで連続して聴いた方が、途中で途切れることなく聴けるので、CDで聴いた方が良いと思います。
私は最初からCDで聴くことができました。

このスノーグースという物語のあらすじをざっと説明します。
第二次世界大戦の最中のイギリスのグレート・マーシュという街が舞台となっております。
そこに、障害を持って醜い容姿であるが故に、人目を避けてひとりひっそりと暮らすラヤダーという画家がおりました。
ラヤダーは動物好きで、動物達とのみ交流して暮らしておりましたが、そこに美しい少女であるフリーザが傷ついた白雁(スノーグース)を連れてその白雁の手当ての相談の為に、ラヤダーの元を訪れました。
そして、白雁を手当てして救うことができて、そこからラヤダーとフリーザの交流が始まりました。毎年白雁が渡ってくる時には親交を深めるようになり、次第にラヤダーはフリーザに対する友情がだんだんと愛情に変化してくることに気付きました。
しかし、ラヤダーは自らの醜い容姿を気にしてフリーザに対して気持ちを告白することができません。
フリーザも自分の気持ちに気付かないままです。
時は戦時中、傷ついた兵士たちが敵に包囲されてしまいました。
そこで、ラヤダーは勇敢にも傷ついた兵士たちを救護すべく、決死の思いで戦地に赴きます。
フリーザはそんなラヤダーの姿を見て、彼の万物に対する愛情の深さを知り、そしてラヤダーを愛している自分の気持ちに気付きますが、時既に遅し、あえなくラヤダーは討ち死にしてしまいました。

という哀しいラブストーリーですが、この物語は自然の美しさ、動物達との心の触れ合い、戦争への疑問提起などが盛り込まれた読み応えのあるお話です。
私が書くと安っぽく感じますが、非常に心温まりますので、機会があれば是非読んでみて下さい。
新潮文庫より発売されています


…とここまで書きましたが、このブログは書評ではなく音楽レビューです。

私がスノーグースの小説を読んだのは、キャメルによる演奏を聴いてから20年近く経ったごく最近です。
小説を読んだことで、このアルバムをより違った感覚で聴けるようになりましたが、別に小説を読まなくてもこのアルバム自体は聴いているだけでストーリーを感じさせますし、情景が目に浮かんでくるようです。
アルバム全体を通して聴くと、時に美しく、時に躍動的に、時にアグレッシブに、また苦悩を音楽でうまく表現されていたりして、とても感動的で涙すらすることもあります。

断片的に見ても、導入的な曲である『The Great Marsh』から続く『Rhayader』では、ギタリストのアンディ・ラティマー自ら演奏するフルートを主旋律に使った、至極と言ってもいいような美しいメロディーが聴けます。
また、『The Snow Goose』では心温まるような、それでいて明日への希望が見えるようなメロディーが、『Migration』ではスキャットを効果的に用い躍動感たっぷりの音楽を聴くことができ、また戦地でのことを表現した『Dankirk』では、ロックバンドらしいアグレッシブさを見せ、最後は『La Princesse Perdue』で感動的にエンディングを迎え、その余韻を残しながら、エピローグ的な『The Great Marsh』で静かに終わるという展開です。


とにかく、このアルバムの素晴らしさは、私なんかには書き表すことは難しいです。
是非是非、皆さんに聴いてみて頂きたい作品です。

さて、今回は2つ動画をご紹介致します。

まずは、『Rhayader』と『Rhayader Gose To Town』のメドレー
RHAYADER〜RHAYADER GOSE TO TOWN/CAMEL

尚、携帯電話から御覧の方は、ここからYouTubeに飛んで下さい。


2つ目は、『The Snow Goose』
THE SNOW GOOSE/CAMEL

尚、携帯電話からご覧の方は、ここからYouTubeに飛んで下さい。


2つは違う時期のライブですが、どちらも素晴らしい演奏が聴けます。
是非、ご覧下さい。
| プログレッシブ・ロック | 22:54 | comments(0) | -

キノコパワー/筋肉少女帯

author : Zie | 2011.05.07 Saturday

筋肉少女帯は、マルチタレントとしても活躍する大槻ケンヂと、彼の学生時代からの盟友である内田雄一郎を中心とするハードロック/プログレバンド(ユニット?)です。

今回ご紹介するのは、その筋肉少女帯のメジャーデビューから2作目のアルバム『SISTER STRAWBERRY』に収録されている曲で、まだ橘高文彦らを迎え入れ、完全にバンドとしての編成が出来上がる少し前の作品です。

筋肉少女帯といえば、ガンガンのハードロックサウンドをバックに、そのフロントマンのキャラクターを生かした奇怪でバカバカしい歌詞を弱々しいシャウト(笑)で表現するバンドですが、この頃からこのスタイルは出来上がっています。

ただこの頃のサウンドは、橘高氏達によるヘヴィメタルサウンドではなく、ピアニストの三柴江戸蔵(現 三柴理)とギタリストの横関“Jet Finger”敦による超絶コラボが見られます。

まあ、とにかくソロの掛け合いは凄いものがあります。
そして、その訳わからないけど何かスゴイ感じは、大槻氏のおふざけ破壊的なキャラクターにも意外なほどマッチして(いると私は感じます)独特な世界=オーケンワールド(なのかな?)を作り出すのに一役買っています。

また、この曲の歌詞は、他の筋肉少女帯の曲のようなおふざけ感はなく、どこか文学的でもあります。

筋少はやっぱり、このアングラ感が堪らないですね。

最近、紆余曲折あったあとに、改めて筋肉少女帯として活動しているというオーケン達。

今後もこういった、ただのキワモノではなく、ワケワカラナイけどどこか知的に見えなくもないような、またカッコイイ演奏の上に乗っかるオーケンのへなちょこボーカルが何故か見事にはまっているといった、オーケン達にしか作り出せないような世界を見せてもらいたいです。

まあ、今回はこのレビューも何書いてるのか、何が言いたいのかワケワカラナイ文章になってしまいました(^_^;)

まあ、とにかく見て聴いてみて下さい。

このPVのサブカル的悪乗りも面白いですよ!


キノコパワー/筋肉少女帯


尚、携帯電話からご覧の方は、ここからYouTubeに飛んで下さい。
| J−ROCK,J−POP | 20:41 | comments(0) | -

Love Missile F1 11/Sigue Sigue Sputnik

author : Zie | 2011.04.30 Saturday
ファイル0015.jpg
いや〜、YouTubeってすごいよな〜。
こんなんまであるんだもん。

…などと、今回ご紹介する動画を偶然発見して思ったのです。
そして、これは記事書かないとなと思いました(笑)

ジグ・ジグ・スパトニック

1980年代に突如現れたバンドです。

私はまさに今回ご紹介する動画の放送(夜のヒットスタジオ)を見て、このバンドを知りました。

なんか、網タイツを頭から被って、髪を逆立てて、ハデハデな衣装を身に纏い、『テケテケ…』っていうサウンドの中で「しゅ〜りろ〜」って歌ってるだけ(?笑)のバンドですが、当時すごくインパクトを受けて、この放送の数日後にシングルレコード(笑)を購入した記憶があります。

なんか、エレクトロ・スペース・パンクとやららしいのですが、そのいでたちや、妙なボーカルのエフェクト処理、その後まったく流行らなかったローランドのMIDIギター(のサウンドよりも、そのルックス)
そういった一つ一つが妙にツボにハマり、一時期私の頭の中では絶えず『しゅ〜りろ〜』が鳴り響いていたこともありました(笑)
それから、何故かドラムが二人いるし(笑)

このバンドは、ビリー・アイドルも在籍したパンクバンドの「ジェネレーションX」の元メンバーのトニー・ジェームスがメンバーを集めて結成したようなのですが、結成当時、楽器の弾けるメンバーはトニーだけだったそうです。

まあ、すごいインパクトでしたが、正直インパクトだけのバンドという感もありまして(笑)この曲の大ヒット以降は、あっという間にロックシーンから消え去りました(笑)

なんか、調べてみるとその後何度か再結成もしたらしいのですが、私まったく知りませんでした。
正直、新譜を聴こうとも思わないですが(ゴメンナサイ)

その他に、このバンドについて楽しませて頂いたことは、この人を食ったようなアルバムジャケット(笑)
このロボットは何なんだよ!!(笑)って感じで笑わせて頂きました。

それから、リーダーのトニー・ジェームスの担当が「スペース・ギター」というところもウケましたね(笑)

まあなんか、半ばバカにしたようなことばかり書いていますがm(_ _)m、このバンドに大きな影響を受けた大物ミュージシャンもいます。
布袋寅泰氏です。
アルバム『GUITARHYTHM』で、このテケテケサウンドに大きく影響を受けた楽曲を発表しております。
また、もしかしたら初期のBUCK-TICKも影響を受けてるんじゃないかななんて気もします。

まあ色々と解説もどきを書きましたが、とにかく見て聴いてみるのが一番だと思います。
今見ても面白いですね〜!

ところでこの曲のタイトル、『ラヴ・ミサイル・エフ・ワン・イレブン』と読みます。
意味は分かりませんが(笑)

それでは、楽しんでみて下さい。

Love Missile F1 11/Sigue Sigue Sputnik


尚、携帯電話からご覧の方は、ここからYouTubeに飛んで下さい。
| ブリティッシュ・ロック | 13:35 | comments(4) | -

何処へ行こう/斉藤和義

author : Zie | 2011.04.15 Friday
僕等は愛とか恋とか
勝った負けたで忙しい
誰かが涙流したら
僕も泣いてる振りをする
そのうち忘れてしまうさ
忘れちゃいけないことまで
誰かが何とかするだろ
そしてあなたは何処へ行く?



これは、『せっちゃん』こと斉藤和義氏が1996年に発表した曲のサビの歌詞です。


私の住む地域では、様々な物資の供給がほぼ元に戻ってきて、また計画停電も最近では行われず、福島第一原子力発電所からもそれなりに離れている為か、以前の生活を取り戻しつつあります。


だけど、色々な危機的な状況はまだ収束した訳ではありません。

被災地のことも、だんだんと『人事』のようになってしまうのは、非常に恐ろしいことだと思います。

前の記事のタイトルにした『みんなで一緒に乗り越えましょう』という気持ちを忘れないよう、自らへの警告として、戒めとして、今回この曲を紹介致します。


何処へ行こう/斉藤和義
尚、携帯電話からご覧の方は、ここからYouTubeに飛んで下さい
| J−ROCK,J−POP | 14:26 | comments(4) | -

みんなで一緒に乗り越えましょう

author : Zie | 2011.03.21 Monday
 WE ARE THE WORLD/USA For Africa

尚、携帯電話からご覧の方は、ここからYOUTUBEに飛んで下さい。
| ソウル、R&B | 15:50 | comments(2) | -

VALOTTE/JULIAN LENNON

author : Zie | 2010.10.06 Wednesday
ファイル0015.jpg
偉大すぎる父親を持った事の苦悩。

そして、その父親からの愛情を受けることができなかった悲しみ。

自分を捨てた父親に対する憎しみ。

それにもかかわらず、その父親と同じ仕事を選んでしまったことの葛藤。


ジュリアン・レノンは1963年に、20世紀で最も偉大なロック・ミュージシャンとも言えるジョン・レノンと、そのジョンの最初の妻であるシンシアとの間に生まれました。

ところが、ジョンとシンシアはジュリアンが5歳のときに離婚し、ジュリアンは母親のシンシアに引き取られます。

その後ジョンは、オノ・ヨーコと結婚し、ヨーコとの間には"Beautifle Boy"ショーンが生まれ、ジョンの愛情はヨーコとショーンに一手に注がれるようになり、次第にジョンとジュリアンは疎遠になってしまいました。
それどころか、ジョンはジュリアンを称して「ウイスキーのボトルから生まれた子」などという発言までしています。
すなわち、酔った勢いで間違って生まれた子供という意です。

そんなこともあって、ジュリアンはずっとジョンを許せずにいたようです。
近年になってようやく「父を許す気持ちになった」と発言しているジュリアンですが、その本心のほどは分かりません。

それでもジュリアンは、父親と同じロック・ミュージシャンの道を選んでしまったのです。何という因果でしょう。


ジュリアンはジョンの死後、4年足らずの1984年に、今回ご紹介するアルバムでデビューしています。

世間は偉大なるミュージシャン、ジョン・レノンの影を忘れられません。
そんな中、その面影を持つ息子が音楽シーンに登場したので、ジュリアンはデビューと同時に世界中で話題になり、デビューアルバムは大ヒットしました。

しかし、ジュリアンの商業的ピークはこの時だったのです。
その後も良質なアルバムを発表するも、だんだんと話題には上がらなくなってしまいました。
結局、デビューアルバムの大ヒットは、ジュリアン・レノンというミュージシャンが世に受け入れられたのではなく、ジョン・レノンの面影を求めてのことだったようです。

だけど、私は思います。
彼が、ジュリアンがもしジョンの息子でなかったら、もっと正当な評価を得ていたのではないかと。

このアルバムが発表された当時は、私は中学生でした。
当時私はジョン・レノンの名前は知っておりましたが、ジョン・レノンという人がどんな歌をうたう人かは知りませんでした。
そして、そんな状況でジュリアンの歌を聴いたのです。
最初はどこの誰が歌っているのかも分からず。

でも、切ないメロディーと柔らかい歌声は、私の心にスーッと入ってきました。

私は後にジョン・レノンも聴くようになったのですが、私の場合はジュリアンを聴いて好きになって、お父さんのジョンも聴いてみようという感じだったのです。
通常とは逆に。


先入観を除いて聴けば、ジュリアンは一人の個性的なエモーショナルなシンガーです。
それは、そう考えて聴いてみると分かるはずです。

それにジュリアンからはジョンよりむしろ、モータウンなど黒人音楽からの影響を感じます。

でもやっぱり親子。

似てしまう部分は多々あるし、それにどうしても、父親が偉大すぎるが故に、この人はおそらく一生父親と比較され続けてしまうと思います。

だけど、ジュリアンには歌い続けていてほしい。

『ジョン・レノンの息子』としてでなく、一シンガーの『ジュリアン・レノン』を好きな私の願いです。

今後も活動を続けて欲しいものです。

さて、今回の動画はやっぱり世界中の話題になったこのデビュー曲でしょう。

PVを貼りたかったのですが、YouTubeには無く、探したら韓国の動画サイトで見つけましたので、そちらを貼っておきます。

携帯からは見られないのですが、ご了承下さい。

VALOTTE/JULIAN LENNON

| ブリティッシュ・ロック | 20:33 | comments(2) | -

stay with me/back number

author : Zie | 2010.10.04 Monday
 最近、車で移動中によく耳にする曲です。

とても胸に刺さるような歌詞の内容なので、気になっている曲です。

この歌詞で歌われている人物像。

実は私自身もこの歌詞のような人間なので、とても共感できて、そしてなんとも切なくなりました。

私は実は、この『back number』というバンドについては本当に何も知りません。

でもとにかく、今気になっている曲です。

是非聴いてみて下さい

尚、携帯電話からご覧の方は、ここからYouTubeに飛んで下さい。

stay with me/back number
| J−ROCK,J−POP | 18:19 | comments(0) | -

SHADOWS OF WAR/LOUDNESS

author : Zie | 2010.09.11 Saturday
ファイル0018.jpg
私の高校生時代は、ヘヴィメタルと共にあったと言っても過言ではありません。

そのきっかけとなったのは、日本が誇る世界のヘヴィメタルバンド、ラウドネスでした。

ラウドネスの魅力は何なのでしょう?

聴くものを圧倒させるような楽曲。

ドスの効いたシャウトと、独特な表現力を持つ、二井原実(ニイちゃん)のヴォーカル。

重さとスピードを兼ね備えながらも、圧倒的ながら正確さを誇る、奇跡的なリズムを生み出す樋口宗孝(ひぐっつぁん)のドラム。

常にずっしりと底辺を支えながら、多彩なフレージングとグルーヴを持つ山下昌良(マークン)のベース。

いち早く、日本から世界に向けての構想を展開し、大いなる野望で進み続けたそのバンドとしての姿勢。

などなど。
挙げていけばきりがない程ですが、私が思うにラウドネスはやっぱり高崎晃(タッカン)のギターです。

その当時、ヘヴィメタルシーンではギタリスト達が、速弾き、タッピング、アーミング等の様々なギターテクニックをこれでもかとばかりに競っていた時代です。

ただ、どうしてもテクニックの品評会の様相を呈していて、巧いけど音楽としてはどうなの?楽曲とのバランスはどうなの?といったギタリストがいたことも否定できない時代であったと思います。

タッカンもこうした時代を象徴するギタリストの一人ですが、彼はちょっと違います。…と私は思います。

この時代のほかのどのギタリストと比べても、決して引けを取らないテクニックの持ち主でしたが、彼はそのフレージングのセンス、展開力が素晴らしいのです。

随所に簡単には真似できないようなテクニックをちりばめながらも、より熱く、よりドラマチックにギターソロを構築できるギタリストなんです。

そうです。ヘヴィメタルの花形はやっぱりギター。
そして、ヘヴィメタルの一番の聴きどころはギターソロなんですが、そのギターソロで楽曲全体、更にバンド自体を昇華させることのできる稀有なギタリストだと思います。
まあ、異論はあると思いますが、私は個人的に(あくまでも個人的に)最も偉大なヘヴィメタルギタリストの一人だと思っています。

今回ご紹介するアルバムは1986年の作品。
ラウドネスが全米進出して2枚目の作品です。

ただし、アメリカでは「戦争の影」というタイトルは不適切だろうとされ、アルバムタイトルを『LIGHTNING STRIKES』タイトルチューンを『ASHES IN THE SKY』と改題し、曲順を変え、さらにリミックスしてリリースされました。

全編ハード&ラウドなんですが、疾走感たっぷりの『FACE TO FACE』、とびきりポップで楽しい『LET IT GO』、16ビートを取り入れて新境地を切り開いた『WHO KNOWS』など、聴きどころは満載ですが、このアルバムのハイライトはなんといってもタイトルチューンでしょう!!
この曲のイントロでは、タッカン独特のタッピングソロが聴けますが、これは「日本のバンド」をアピールして琴の音をイメージして弾いたものだそうです。
曲全体の構成がいいのですが、それを際立たせるようなギターソロが素晴らしいんです。
テクニックをテクニックの為にひけらかすのではなく、よりスリリングに、よりドラマチックに表現する為に、より効果的に速弾きもタッピングもピッキングハーモニクスも使用しています。
私は今まで聴いたヘヴィメタルのギターソロの中で、敢えてナンバーワンを挙げるとするならば、このギターソロを挙げたいと思います。
今回私はこの記事を書く為に、何回かこの曲を聴きなおしてみたのですが、ギターソロが終わる頃には私は泣きそうでした(笑)

今回も動画を貼っておきます。とにかく是非とも見て聴いてみてください。
このアルバムがヒットしていた時期に発売されたライブビデオ『8186LIVE』の映像がYouTubeにありました。一番いいパフォーマンスだと思いますので、その動画を貼っておこうと思います。
ですが、この動画は携帯からは見られないようなので、携帯用には別の動画のリンクを貼っておきます。携帯からご覧の方はここから飛んで下さい。
SHADOWS OF WAR/LOUDNESS



追伸:ラウドネスの初代ドラマー、ひぐっつあんこと樋口宗孝氏は、2008年に悲しいことに癌によりお亡くなりになりました。改めてここで、謹んでお悔やみ申し上げるとともに、樋口氏の名言をご紹介したいと思います。
それはWikipediaに掲載されているものですが、これがストイックで男としてすごくかっこいいものなのです。感動いたしました。こちらにリンクを貼っておきますので、是非ご覧になってみて下さい。
| ハード・ロック/ヘヴィ・メタル | 23:05 | comments(0) | -

GREETING

author : Zie | 2010.09.05 Sunday
 親友に捧ぐ。
おめでとう。

| J−ROCK,J−POP | 23:40 | comments(2) | -

A NIGHT IN TUNISIA/ART BLAKEY'S JAZZ MESSENGERS

author : Zie | 2010.08.19 Thursday


商品詳細を見る

ハードな音楽。

そう聞いて連想するものは何でしょう?

ハードロック
ヘヴィメタル
ハードコア
グランジ

そんなところかと思います。

私はそれにプラスして、ジャズの一ジャンルである、ビ・バップやハード・バップも挙げたいと思います。

とは言っても、私はジャズに詳しいわけではありませんので、ビ・バップやハード・バップの定義は分かりません。

ただ、とにかく即興演奏によるソロを特徴としたこの音楽はとにかく熱いです。
プレイヤー達の熱き心、息づかいを感じられます。

もちろん、ハードロックのようなディストーションギターのギンギンのサウンドではなく、主に管楽器による演奏がほとんどですが、そのたたみかけるようなフレーズの応酬は非常にスリリングでパワーを感じます。

そんな中で、私が特に好きなハード・バップのアルバムを今回はご紹介致します。

このアルバムは、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの1957年の作品です。

ジャズ・メッセンジャーズというバンドは、バンドとは言ってもメンバーは流動的で、リーダーでドラマーのアート・ブレイキーさえいれば、ジャズ・メッセンジャーズだというバンドです。
言わば、ディヴィッド・カヴァデールさえいればホワイトスネイク、リッチー・ブラックモアさえいればレインボー、破裏拳店主さんさえいれば○屋(知る人ぞ知る?(笑))といった感じです。

そのアート・ブレイキーのハードなドラミングスタイルが、他のプレイヤー達のより熱く、速く、激しいプレイを生み出す原動力となっているものと思われます。私の拙いジャズ知識の中では、ハード・バップ=アート・ブレイキーなのです。

特にこのアルバムのタイトルチューンの『チュニジアの夜』は圧巻です。

ディジー・ガレスピーのペンによるこのビ・バップのスタンダードは様々なアーティストにカヴァーされ、アート・ブレイキー自身も18番として何度も演奏している曲ですが、ここまで攻撃的なテイクはないんじゃないかと思います。

各プレイヤー達のアドリブソロはもちろんのこと、有名なテーマ部分もこれでもかとばかりに攻めに攻めまくってます。
楽器を使ってのバトル、戦い、格闘技のようです。ホント熱い演奏ですよ!

私はこういった音楽を演奏する腕はございませんが、いつかこんなバトルにチャレンジしてみたいななんて思います。

是非皆さんに一度、体感して頂きたいんですが、当然のごとく、このテイクの映像はございませんので、ジャケ写に音をのっけたものをアップいたしましたが、残念ながらYouYubeでは著作権の関係上削除されてしまいました。
それなので、元々YouTbeにあった動画を貼っておきます。
でも、このテイクもカッコイイですよ!
ちょっと長いですが是非聴いてみて下さい。

尚、携帯電話からご覧の方は、ここからYouTubeに飛んで下さい。

A NIGHT IN TUNISIA/ART BLAKEY'S JAZZ MESSENGERS
| ジャズ | 22:31 | comments(2) | -
<< | 2/5PAGES | >>

RECENT COMMENT

アルバムキルト

最近聴いた曲

モバイル

qrcode

LINKS

PROFILE

SPONSORED LINKS