<< 史上最も過小評価されているギタリスト | main | 祝(?)再開通^^; >>

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | 2015.10.20 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

STAIN/LIVING COLOUR

author : Zie | 2012.09.12 Wednesday
ギタリスト、ヴァーノン・リード率いる黒人ハードロックバンド、「リヴィング・カラー」の4THアルバムで、1993年の作品です。

黒人だけで結成されたハードロックバンドというだけで、当時の私には相当なインパクトがあったのですが、ブラックの血のせいでしょうか、ハードでエッジの効いたサウンドの中でも、ファンキーであり、他のアメリカンハードロックとは一線を画すような独特なリズム感をもったバンドで、私は高校生時代、大学生時代にはこのバンドをよく好んで聴いていたものです。

特に、ワウワウやワーミーペダルなどのエフェクターを駆使しながら、図太いリズムや高速スラップでバンドの下地を自在に操っていたベーシスト、ダグ・ウィンビッシュが参加したこのアルバムは大好きで、今でも時折思い出したように聴いていフェイバリットアルバムです。

今、改めて聴いてみても、所謂90年代のハードロック、ヘヴィメタルといった感ではなく、むしろこの後一大ムーブメントを築いたグランジ/オルタナティブのバンド達に通じるような音です。
しかも、その音の重厚さは、他を圧倒しています。と。私は感じました。

商業的には、あまり成功したとは言えないバンドでしたが、出てきた時代が少しだけ早かったのかななんて感じてます。

今回この記事を書くにあたって、少々調べてみたところ、この頃のメンバーで再結成をして現在活動中ということだそうです。
私、まったく存じませんでしたが、年齢を重ねてより円熟されたであろう今の彼らの音を聞きたいですね。今度CDを探してみようかと思います。

1曲紹介します。
アルバム「STAIN」の中の1曲です。
アメリカのテレビ番組かなにかでしょうか?
カッコイイです。是非聴いて観てください。

IGNORANCE IS BLISS/LIVING COLOUR

| ハード・ロック/ヘヴィ・メタル | 00:37 | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | 2015.10.20 Tuesday
| - | 00:37 | - | -
コメント
テストコメントしてみます
| zie | 2014/09/29 12:14 AM |
じゃあオレもテストコメントしてみる(笑)
| 店主 | 2014/11/17 3:47 PM |
>店主さん
お付き合い頂きありがとうございます(笑)
| Zie | 2014/11/17 5:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suezieq.jugem.jp/trackback/47
トラックバック

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

アルバムキルト

最近聴いた曲

モバイル

qrcode

LINKS

PROFILE

SPONSORED LINKS