<< MOTION-B | main | 史上最も過小評価されているギタリスト >>

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | 2015.10.20 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

COME AGAIN/DAMN YANKEES

author : Zie | 2012.05.07 Monday


ダム・ヤンキーズは直訳すると「おバカなアメリカ人」

アメリカの実績あるミュージシャンたちが結集した、いわゆる「スーパーバンド」でした。

元ナイトレンジャーのジャック・ブレイズ(B,Vo)、元スティクスのトミー・ショウ(G,Vo)、ソロで活躍していたテッド・ニュージェント(G,Vo)、マイケル・カーテロン(Dr)の4人からなるバンドで、1990年代初頭から、およそ3年間活動したバンドでした。

いわゆるスーパーバンドってのは、メンバーひとりひとりの個性がぶつかりあいすぎるのか何かわかりませんが、あまり長続きしませんね。

このバンドも活動期間は短かったですが、メンバーそれぞれ四者四
様の個性が見事に融合されていた素晴らしいバンドだったと思います。

中でも、音楽的にもパフォーマンス的にも見た目にもそれぞれの個
性が一番際立って見えたのがこの曲なんじゃないかなって感じます
私もDamn Yankeesの曲の中で、特に好きな曲です。

COME AGAIN/DAMN YANKKEES


尚、携帯電話からご覧の方は、ここからYouTubeに飛んで下さい。
| アメリカン・ロック | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | 2015.10.20 Tuesday
| - | 00:50 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suezieq.jugem.jp/trackback/45
トラックバック

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

アルバムキルト

最近聴いた曲

モバイル

qrcode

LINKS

PROFILE

SPONSORED LINKS