<< Love Missile F1 11/Sigue Sigue Sputnik | main | THE SNOW GOOSE/CAMEL >>

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | 2015.10.20 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

キノコパワー/筋肉少女帯

author : Zie | 2011.05.07 Saturday

筋肉少女帯は、マルチタレントとしても活躍する大槻ケンヂと、彼の学生時代からの盟友である内田雄一郎を中心とするハードロック/プログレバンド(ユニット?)です。

今回ご紹介するのは、その筋肉少女帯のメジャーデビューから2作目のアルバム『SISTER STRAWBERRY』に収録されている曲で、まだ橘高文彦らを迎え入れ、完全にバンドとしての編成が出来上がる少し前の作品です。

筋肉少女帯といえば、ガンガンのハードロックサウンドをバックに、そのフロントマンのキャラクターを生かした奇怪でバカバカしい歌詞を弱々しいシャウト(笑)で表現するバンドですが、この頃からこのスタイルは出来上がっています。

ただこの頃のサウンドは、橘高氏達によるヘヴィメタルサウンドではなく、ピアニストの三柴江戸蔵(現 三柴理)とギタリストの横関“Jet Finger”敦による超絶コラボが見られます。

まあ、とにかくソロの掛け合いは凄いものがあります。
そして、その訳わからないけど何かスゴイ感じは、大槻氏のおふざけ破壊的なキャラクターにも意外なほどマッチして(いると私は感じます)独特な世界=オーケンワールド(なのかな?)を作り出すのに一役買っています。

また、この曲の歌詞は、他の筋肉少女帯の曲のようなおふざけ感はなく、どこか文学的でもあります。

筋少はやっぱり、このアングラ感が堪らないですね。

最近、紆余曲折あったあとに、改めて筋肉少女帯として活動しているというオーケン達。

今後もこういった、ただのキワモノではなく、ワケワカラナイけどどこか知的に見えなくもないような、またカッコイイ演奏の上に乗っかるオーケンのへなちょこボーカルが何故か見事にはまっているといった、オーケン達にしか作り出せないような世界を見せてもらいたいです。

まあ、今回はこのレビューも何書いてるのか、何が言いたいのかワケワカラナイ文章になってしまいました(^_^;)

まあ、とにかく見て聴いてみて下さい。

このPVのサブカル的悪乗りも面白いですよ!


キノコパワー/筋肉少女帯


尚、携帯電話からご覧の方は、ここからYouTubeに飛んで下さい。
| J−ROCK,J−POP | 20:41 | comments(0) | -

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | 2015.10.20 Tuesday
| - | 20:41 | - | -
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

アルバムキルト

最近聴いた曲

モバイル

qrcode

LINKS

PROFILE

SPONSORED LINKS