<< みんなで一緒に乗り越えましょう | main | Love Missile F1 11/Sigue Sigue Sputnik >>

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | 2015.10.20 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

何処へ行こう/斉藤和義

author : Zie | 2011.04.15 Friday
僕等は愛とか恋とか
勝った負けたで忙しい
誰かが涙流したら
僕も泣いてる振りをする
そのうち忘れてしまうさ
忘れちゃいけないことまで
誰かが何とかするだろ
そしてあなたは何処へ行く?



これは、『せっちゃん』こと斉藤和義氏が1996年に発表した曲のサビの歌詞です。


私の住む地域では、様々な物資の供給がほぼ元に戻ってきて、また計画停電も最近では行われず、福島第一原子力発電所からもそれなりに離れている為か、以前の生活を取り戻しつつあります。


だけど、色々な危機的な状況はまだ収束した訳ではありません。

被災地のことも、だんだんと『人事』のようになってしまうのは、非常に恐ろしいことだと思います。

前の記事のタイトルにした『みんなで一緒に乗り越えましょう』という気持ちを忘れないよう、自らへの警告として、戒めとして、今回この曲を紹介致します。


何処へ行こう/斉藤和義
尚、携帯電話からご覧の方は、ここからYouTubeに飛んで下さい
| J−ROCK,J−POP | 14:26 | comments(4) | -

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | 2015.10.20 Tuesday
| - | 14:26 | - | -
コメント
せっちゃんかっこいい~(^_^)V
みんなで乗り越えましょう
| よっぱ | 2011/04/26 6:24 PM |
ウチの近所の県立体育館に福島から避難されていらした方がいます。
真ん中の高校にボランティアの依頼がありました。
小学生に勉強を教えてくださいと。
「自分にもできることがあった」とすぐにボランティア登録をし、週末ごとに行っています。
(結局、勉強はせずに遊び相手と資材の運搬だけみたい)

そんな話を聞いたり、まだ一日に何回も地震がきたりするから、被災地のことをよく考えます。
でも、薄れている人もいる気がする…

薄れていくのは本当に怖いです…
| ちゃこ | 2011/04/26 7:05 PM |
>よっぱさん
コメントありがとうございます!
はじめまして…ですかね?

せっちゃんファンでしょうか?
彼は今『ずっとウソだった』で話題になってますが、実は東海村の事故の時にも『青い光』という曲を作ってるんですよね。

未曽有の大災害による影響はまだまだ続くと思いますが、それぞれの立場からできることをやり、みんなで一緒に乗り越えましょう!
| Zie | 2011/04/28 12:37 PM |
>ちゃこちゃん
真ん中くんのボランティア、とてもいい取り組みですね。
それこそ『自分にできること』だと思います。

ある程度、落ち着きを取り戻してきた感もある昨今ですが、みんなが自分のことさえ良ければと思うようになって、備えを忘れてしまうと、とても恐ろしいことになってしまうと思います。

必要以上に落ち込んで、何もできなくなってしまうのもいけないですが、自分本位にならない様に心掛けていこうと思っています。

こんな時、大切なのは一致団結と相互理解だと思います。

一緒に乗り越えていきましょう。
| Zie | 2011/04/28 12:48 PM |
コメントする









SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

アルバムキルト

最近聴いた曲

モバイル

qrcode

LINKS

PROFILE

SPONSORED LINKS