<< 知られざるスラップマスター | main | A NIGHT IN TUNISIA/ART BLAKEY'S JAZZ MESSENGERS >>

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | 2015.10.20 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

JOURNEYMAN/ERIC CLAPTON

author : Zie | 2010.07.28 Wednesday
ファイル0003.jpg
ある場所で、このアルバムについて書こうかなと書き込んでから、およそ3ヶ月が経ってしまいました(^_^;)
こんにちは。サボリまくりのZieですm(_ _)m

これはエリック・クラプトンの1989年の作品です。

エリック・クラプトンと言えば、かつて英国三大ギタリストの1人と言われた人ですが、実は時代によって様々なタイプの音楽を創ってきた人です。

私はクリーム時代にジャック・ブルースやジンジャー・ベイカーと即興バトルを繰り広げていた時期も、ブルースに傾倒していた時期も、アコースティックで新境地を見せた時期も好きなのですが、やっぱりアルマーニのスーツに身を包み、少し長めの髪をなびかせ、立派な髭をたくわえて、ストラトキャスターを泣かせながら熱く切なく歌うクラプトンが一番好きなのです。

そのイメージのクラプトンを象徴する曲と言えば、デレク・&ザ・ドミノス名義で1970年に発表した、クラプトン一世一代のラブソングである『いとしのレイラ』であると思います。
『レイラ』に関してのエピソードは有名な話なんですが、敢えてまたここで書かせていただきますと、クラプトンがこともあろうか自身の親友であるビートルズのジョージ・ハリスンの奥方であったパティに恋をしてしまって作った曲でありました。
この曲での猛アピールが功を奏したのか、パティはジョージの元を離れてクラプトンと一緒になりました。

しかし、その二人も最終的には結局別れてしまいます。

という訳で、前置きが大変長くなりましたが、今回ご紹介するこのアルバムのハイライト曲であり、リリース当時はHONDAのCMソングとしても使われた『BAD LOVE』は、『レイラ』のアンサーソングとも言える曲なのです。

この曲は『レイラ』と同じように、印象的なギターリフを奏でながら、破れてしまったパティとの仲を熱く切なく悲痛な叫びで歌い上げています。
恋して恋して、やっとのことで手に入れた恋の終わりについて「もう辛い恋はしたくない」と表現しています。

ただクラプトンは、この後も様々な女性と浮き名を流しました。
そういった中では子供も産まれ、幸せになれそうな時期もありましたが、とても不幸な出来事も起きてしまっています。
でもその度に、クラプトンは名曲を世に送り出しています。

最近話題になった、某日本の大物シンガーを称して、こんなことを言っている人がいました。
「○置さんは色々な恋をしているからこそ、あんなに素敵なラブソングが歌えるんですね。」と。

その言葉は、クラプトンにも当てはまるのではないかと思います。

ちなみに、クラプトンがパティをジョージから奪ってからも、さらにクラプトンとパティが別れた後も、クラプトンとジョージの友情は続いていて、一緒にツアーを回って日本にまで来ています。
しかも一緒に『レイラ』も歌っていたようです。男なんか勝手なもんですね(笑)

話をこのアルバムに戻します。
このアルバムは、上記『BAD LOVE』のほか、ちょっと崇高な感じさえ漂わせる美しいバラードの『RUNNING ON FAITH』、ブルースのスタンダードでありながら、すっかりクラプトンの曲として認知されている、肩の力の程よく抜けたブルースナンバー『BEFORE YOU ACCUSE ME』、エルヴィス・プレスリーなどで有名なスタンダードを、クラプトン独自のユニークなアレンジで表現した『HOUND DOG』、若手新鋭(当時)ブルースギタリストのロバート・クレイとの共演が話題を呼んだ『OLD LOVE』など、聴きどころは満載です。
アルバム全体としてポップな印象を持ちますが、その中にも”熱さ”を感じさせる仕上がりになっております。
アルバムを通して聴くと、エリック・クラプトンという人は単なる優れたギタリストというだけでなく、素晴らしいシンガーなんだなということも分かると思います。そんなクラプトンの”歌”を存分に堪能できます。
まだ聴いたことのない方は、機会があれば是非聴いてみて下さい。

さて、今回も動画を貼ろうと思いますが、選曲はやはりこれにします。
ただ、この曲はYouTubeには、あまり気に入った動画が見つけられなかったので、Dailymotionの動画を貼ろうと思います。
その為、今回は携帯電話からは動画は見られませんがご了承ください。
BAD LOVE/ERIC CLAPTON



Eric Clapton - Bad Love - RAH 24.1.1990.dkly`
������� Superpatri. - �楽�����������������������������
| ブルース・ロック | 13:24 | comments(4) | -

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | 2015.10.20 Tuesday
| - | 13:24 | - | -
コメント
お!マサ齋藤!?
ブログスランプ脱出おめでとう(笑)

ジョージとの関係、何とも濃いよね〜。
人間って、友人って、そして男って不思議。
この逆が成り立つか?と考えると…
まぁ全てにあてはまるワケではないけど、男同士だから成り立つ構図なのかもね。

と、音楽的なコメは残さず(笑)

あ、今更ですがウチと相互リンクお願いしてもいいっすか?
問題…ないよね?(どうだっけ?^^;)
| harikenChar | 2010/07/30 9:11 AM |
>harikenCharさん
大変お待たせした記事でした(笑)

マサ斎藤、覚えていて頂きありがとうございます!

ホントに濃い関係ですよね。
でももし、僕自身がこういった状況になっても友情を保てるかどうかは分かりませんね。

まあ、大物たる所以のひとつなのかも知れません。

で、相互リンク?
了解です。では後ほどリンク貼っておきます!
| Zie | 2010/07/30 6:28 PM |
この歌は知ってる〜♪
で、ジョージと仲良しさんも知ってる〜♪

でも…パティさんの話は知らなかった…

(-"-;)うむむむ…


| ちゃこ | 2010/08/19 3:43 PM |
>ちゃこちゃん
クラプトンとジョージ。
なんとも不思議な関係ですよね。

まあホントに男なんて勝手なもんだなって思いますが、ただ男はみんなそうかと言うと、そんなことはなく…まあ、なんて言うんでしょう(^_^;)

いろんな意味で、やっぱり凡人じゃありません。この人達(笑)
| Zie | 2010/08/19 10:44 PM |
コメントする









SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

アルバムキルト

最近聴いた曲

モバイル

qrcode

LINKS

PROFILE

SPONSORED LINKS