| main |

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | 2015.10.20 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

ロックフェラーの天使の羽/辻井伸行

author : Zie | 2011.09.13 Tuesday
私、最近ではさすがに若い頃よりも体力がなくなり、また社会的にも責任ある立場に置かれてきたせいなのかどうか分かりませんが、結構疲れやすくなってきたように感じます。

その為なのかだんだんと所謂「癒し」というようなものも欲するようになってしまった今日この頃です。

音楽に関してもその傾向は見られます。
以前にはほとんど聞かなかったクラシック音楽が最近心地良く感じるようになりました。

そこで、今気に入ってよく聴いているのがこの人の音楽です。

奇跡のピアニスト、辻井伸行

彼の2枚組のデビューアルバムをよく聴いています。

このアルバムでは、1枚目でショパンやリストの曲を演奏しておりますが、私は辻井さんの自作曲で構成されている2枚目の方をより良く聴きます。

その中でも1曲目の「ロックフェラーの天使の羽」という曲をとても好んで聴いています。

とにかく文字通り心洗われるような美しいメロディと、そのなんとも言えないタイム感と緩急で奏でられる表現豊かなピアノの音は、疲れた私の心に沁み入ってきます。

この曲、なんと辻井さんは小学校6年生の時に作曲したというのですから、なんとも驚きです。

辻井伸行というピアニストの凄さとは、目が見えないのにピアノが上手いということではない(もちろんそれも、とてつもなく凄いですが)ということが、この曲を聴くとおわかりになるんじゃないかと思います。

とにかく是非聴いてみて下さい。
盲目のピアニストによる演奏とか、そんなの全部忘れて聴いてもとても感動的な曲です。

彼がテレビ出演したときの演奏の動画を貼っておきます。

ロックフェラーの天使の羽/辻井伸行


尚、携帯電話からご覧の方はここからYouTubeに飛んで下さい。
| クラシック | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |

RECENT COMMENT

アルバムキルト

最近聴いた曲

モバイル

qrcode

LINKS

PROFILE

SPONSORED LINKS